横断幕を作るまつかぜの相模原ライズとホークスを応援しながら写真とかアニメもちょこっと混ぜちゃうブログ


by rise-ing

<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

DLリスト入り

えー、ちょっとまとめて私のことを報告しておきたいと思います。


まあ、前の日記でも触れたようにどうもメンタルにかなりキテるなーとは本人もわかっておりました。で、GWに帰省したら一度病院行っとくかぁ、と思っていました。食欲不振、不眠、早朝に目が覚める、動悸、疲労感など自覚症状は比較的あったんですが、単にちょっと疲れてるのか病的なものなのかわからない。ネットで調べた結果で考えるとうつ病みたいなんだけど、我ながら楽をするためには手段を選ばないので(笑)、今の症状をうつに結び付けて休もうとしてるのかもわからんので、とにかく一応医者に診てもらおうと。しかしホントに悪いのか気のせいかわからんよなあ、最近テレビで見た脳の血流で診断する検索しなきゃならんのかなあ、しかしアレはまだどこにでもある訳じゃないらしいしなあ、なんてなことを考えてました。で、実家近くの病院に行ってみました。

受付を済ますとまず血液検査と心電図。ほどなく呼ばれて診察開始。
いきなり「思いっ切り不整脈が出てますね」
え?
心電図を見せられると分かりやすいくらい心拍がバランバラン。おいおい。マジか。
「今まで心臓が悪いと言われたことがなくて、ここまで症状が出てるということは自律神経にダメージがあるということで、長いこと強いストレスに晒されていたんじゃないですかね。うつの症状も出てるなら十中八九ストレスが原因でしょうね。とりあえずまずは仕事は完全に休んで休養、うちは入院施設もありますが入院しますか?それとも自宅療養にしますか?」
なんちゅうか、診断できるかどうかを心配する間もなく、肉体的症状が明確に先に出ていたようで。去年の健康診断で心電図取りましたがなんも出なかったのでやはりこの半年の会社のゴタゴタで心身とも疲労しているところに、経験のない土木工事、しかも納得いかない工事の残業続きがトドメとなってダウンしたということのようです。元々体力ないのよ、私。

山岳線の本務機仕様でEF62って機関車がいたんですが、これを国鉄末期に暖房用の蒸気発生装置があるからという理由で一時しのぎとはいえ東海道山陽線の高速荷物列車用に下関に配属したことがありまして、運用思想が違いすぎてEF62は一時しのぎにもならず1年持たず故障が多発してやむなく廃車予定のEF58という古い機関車を復帰させてしのぐという事態になりましたが、私も元々システム関係やってたのにCAD使えるからと頭数合わせに今の部署に異動になって技術営業的な出張やら業者との折衝やらという慣れない運用でのストレスもあったんでしょうね。
しかしまあ、入院を打診されるほど悪いとは思わなかったし、そもそも不整脈が出てるなんて思いもしなかったです。確かに言われてみれば最近時々胸が苦しい感じがしたりすることがあったなあとは思いますが。

ともかく、まずは3ヶ月の休養を言い渡され、診断書と薬をもらって帰宅ということになりましたが、3ヶ月の休養が必要な程とは思いませんでした。まあそれでもはっきり病気とわかったんでほっとしたのもまた事実です。

で、GW明けに会社に診断書出したら産業医に呼ばれまして、診察受けて(なんで医者に行こうと思ったかとか体調とかの問診だけでしたが)3ヶ月半の休職になりました。しかもその翌日から。ほんにバタバタで、今週はアパートの荷物整理やら帰省中のネット環境の準備やらで終わってしまいました。あ、でも1つびっくりしたのは去年の秋の健康診断では作業着の上着なし安全靴なしで110kgあった体重が作業着安全靴込みで102kgまで落ちていたこと。特にダイエットやらしてなかったのに。まあ、健康のためにはもう少し痩せないといかんのですが。

そして今日、これから始まるライズの試合を観戦して、明日帰省しようと思っています。
一応お医者さんからはこのくらいの症状なら3ヶ月で完治しますよと言われていますし、実家に帰ってる間は食欲やらは普通になってきてたし、なんせ本人からして痛いとかなんとかはなくて休みをもらってしまってホントにいいのかなあと思っちゃうくらいなので結構楽観視もしてます。

なんにせよお医者さんからのお墨付きなのでしばらくゆっくりさせてもらおうと思います。

うちの部署、30人くらいなんですがこの1年でメンタルやられて休職するのが私で2人目、退職者が2人。組合だけでなく、経営側からも睨まれてはいるらしいので何らかの改善はされると思いますが、どうなるやら。

とりあえず、関東の皆さんしばらくお目にかかれませんが復帰したらまたよろしくお願いいたします。
[PR]
by rise-ing | 2012-05-13 10:27