横断幕を作るまつかぜの相模原ライズとホークスを応援しながら写真とかアニメもちょこっと混ぜちゃうブログ


by rise-ing

<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

相模原ライズ19-24オービックシーガルズ

勝ててたね。だから伊倉選手の最後のあいさつでの今までの人生の中で一番悔しいという感想になったのでしょう。しかし正直驚いた。悪いけど、もっと一方的な試合になるかと思ってた。いくら全勝とはいえ去年までの相手はX2、X3。今回の相手は昨年優勝チーム。28-7とか、そんな試合になるかと思ってた。しかしフタを開けてみたら最後まで拮抗したいいゲームでした。ごめん、ライズ、実力を甘く見てました。

ライズの得点はTD(TFP失敗)、FG、FG、TD。この内2本目のFGはボールオン1ydを押し込めず、反則で下げられてTDできなかったあとのFGだった。これをTDできていれば…というのが悔やまれるところですね。他にも終盤大きな反則で下げられたシーンもありました。あと3分時間があればもう1回攻撃権が来たかも。そしたらわからなかったと思います。

しかしライズ強かった。昨年優勝のシーガルズを向こうにまわして堂々の戦いぶり。シーガルズはファンブルリカバー3回とミスが目立ったが逃げきったと新聞にはあったけど、あれはディフェンスが攻撃的に攻めた結果だと思います。

シーズンインまでは「ライスまで行くぞ!」という気持ちのうらに「とはいっても今年はプレーオフまで進出できれば上出来かな…」という気持ちもあった。でもこの試合観てにやけたね。これあるぞ。充分あるぞ。いきなりライスボウル制覇。年末年始の帰省に困りそうですよ。

東京ドームの観客の盛り上がりもすごかった。声のでかさには自信があるんだけど、終盤は自分の声が聞こえなくなるくらいだった。入場の時もチケット引き換えに列ができてたし。タダ券のお陰かもだけど、タダでも興味なければあんなに来ないし、最後まで帰らずにみんな居たってことはいい試合だったってことでしょう。X1デビュー戦としては勝てませんでしたが、よかった。残念なのは試合後の座席にゴミが残っていたこと。グリーンバードの活動もやってる訳ですし、試合後にその場のゴミをゴミ箱に捨てるくらいしましょうよー>ライズファンの皆さん

まあ、すぐまた東京ドームで試合がありますし、切り替えていきましょう!
[PR]
by rise-ing | 2011-09-10 18:26

明日,開幕.

えー,8月は一度も更新できないまま9月になりまして.いよいよライズのX1のシーズンが始まります.明日,東京ドーム,19時キックオフです.仕事が終わってからなのでキックオフに間に合うかどうか微妙ですが,仕事は放置してでも(笑)応援に行きたいと思います.

さて,開幕を前にして,少しだけ自分のライズに対する思いを書いておきたいと思っています.

もう2週間以上前に終わってしまいましたが.コミックマーケット,いわゆるコミケ,というやつがありました.3日間で54万人がビッグサイトに集まって自分たちの書いた本やグッズを売ったり買ったりする年に2回のお祭りです.で,がっつりオタクな私も3日間ずっと参加しておりまして,ささやかではありますが売る方だったりします.そのコミックマーケットの基本理念に次のようなものがあります.

コミックマーケットでは、来場者は全て「参加者」と呼ぶ。(中略)これはコミックマーケットにおいて参加者は対等であり、「お客様」は存在せず、皆がコミックマーケットの参加者なのである、との理念からである。(Wikipediaより)

私はライズについてもこの精神でありたいなと思っているのです.前にしーすさんが「私じゃなくて主役の選手を撮って下さいよ~(笑)」と仰られていましたが,選手が一番の主役なのは当然ですが,私はライズのコーチも,スタッフも,チアも,キッズチアも,ライズメイトやフラッグで選手と一緒にがんばってる子供たちも,ノジマのみなさんも,地元相模原の人たちも,そして私たちファンも,試合を観に来れても来れなくても応援したいと思っている人はすべてライズの主役であり,おこがましいかも知れませんが自分もライズを背負っているんだ,俺もライズの一員なんだという気持ちで,シーズン戦っていきたいと思っています.

別に,選手と対等の立場になりたいとかじゃなくて,要はライズは,なんというか,…なんだろう?どう言えばいいんだろうな.我が身というか,自分の一部というか,ライズの周りに集うみんなにとってのそういう存在であるチームになってほしい.一緒に夢を追いかける存在というのか.ライズの描く未来が自分の未来の一部にとって大事な存在になってほしい.俺もあのすごいチームの端っこだけど,一員なんだぞと,そう言いたくなるチームでいてほしい.そしてその言葉通り,自分も眺めるだけじゃなくて,何かチームのために,俺はこんなことができるからこういう事でお役に立ちたいと,ファンの一人ひとりも思えるチームになるといいなと思ってます.
それはグリーンバードだったりしーすさんやなるさんみたいにカメラマンだったり淵野辺ブログさんみたいに自主的な広報だったり,もちろん応援だったりいろんな目に見える形のものだったりそうじゃないものだったりするけど,大事なのは自分も自分の気持で自分のこととして参加してほしいということなのです.

吹田が地元密着を掲げながら残念な結果になってしまったけど,ライズだって他人事じゃない.責任感とか,当事者意識とかそういう小難しいことじゃなくて,ファンも「俺たちのチームだから俺たちにもなんかやらせろよ」って,単純にみんながそう思ってほしい.そしたら,吹田のような悲しいことにはならなくて済むんじゃないかなって,そう思えるんです.
よくなるさんがブログで「ライズファミリー」という言い方をされますが,チームと,ファンと,ライズに縁のある人すべてが,本当にファミリーのようになったらいいなと,思います.

明日,というかもう日付は今日ですが,ライズの開幕戦です.いきなり強敵です.


頑張ろうぜ.
[PR]
by rise-ing | 2011-09-07 00:39 | 相模原ライズ